本文へスキップします。

【お知らせ:詳細】転進事例紹介

59歳 男性
再就職先:ビルメンテナンス(設備管理)

 

新しい職場でも専門的な知識が活かせることが嬉しいです。

再就職前

ガラス長繊維製造(改善チーム)

再就職後

ビルメンテナンス(設備管理)

  • 活動期間

    5ヵ月

  • 応募社数

    15

  • 面接社数

    2

情報収集や説明会を活用して面接の準備に備える

長く製造現場で生産性の向上や設備機器の省エネ化など、業務効率の改善作業にあたっていました。
新しい会社も、できれば同じような管理関連の仕事を希望していました。
エネルギー管理士の資格もあったので、今までのスキルを活かしたいと。
しかし、このご時世と年齢のことも考えてあまり固定観念を持たずに就職活動に取り組みました。
パソナキャリアさんには、さまざまな情報提供やガイダンスを通じてサポートしていただき感謝しています。
希望会社に合わせて履歴書を書きかえるなど、とくに応募に必要な書類のチェックは役に立ちました。
また、説明会で実際に入社面接の実技指導があり、どう対応すればよいのかよく理解で来ました。
事前にさまざまなことを体験することが内定をとる勝因になると思います。

失敗から多くを学び次につなげる

事前の準備は万全と思っていても、面接会場でいきなり一次試験としてペーパーテストがあり慌ててしまったり、面接担当者の多さに圧倒されて満足に答えられなかったり、いろいろと失敗もありました。
その都度、コンサルタントの方がフォローしてくださり、次に気持ちを切り替えることができました。
失敗から多くのものを学ぶものなのですね。
いま振り返れば、失敗もいい思い出になりました。
今の会社は、資格やスキルが活かせるので決めました。
確かに以前の会社と比べ通勤に時間がかかるようになりましたが、それでも車で1時間ほどでそんなに苦にはなりません。
現在求職中の方も、地元の会社だけでなく、県外など遠方でも車で1時間前後の通勤時間であれば選択肢に入れてもいいのではないでしょうか。
とにかく、今までの役職や環境、待遇にこだわらず、自分なら何が出きるかを最優先に考えて頑張ることが大切だと思います。

大切な面接で失敗してもコンサルタントがしっかりフォロー

フッターメニュー

ページトップへ

【全】スマホ切替