本文へスキップします。

【全】ヘッダーテキスト
パソナキャリア キャリア支援サービスは、ご在籍企業との契約に基づき、 皆さまの転職・再就職活動をご支援いたします。
【お知らせ:詳細】転進事例紹介

45歳 男性
再就職先:航空機メンテナンス(技術支援)

 

自分の趣味がきっかけになり、求職活動を乗り切る。

再就職前

信販系企業(業務)

再就職後

航空機メンテナンス(技術支援)

  • 活動期間

    5ヵ月

  • 応募社数

    5

  • 面接社数

    2

趣味をきっかけに気持ちを切り替える

28年間つとめた会社が業績不振に陥り、早期退職制度を導入した際、このまま働き続けても状況は変わらないと退社を決めました。
いままで休みなく働いてきたので少し休養してから就活を始めればいい、こんな考えでいたためモチベーションは下がるばかり。
コンサルタントに勧められる会社も受ける気がしませんでした。
そんな折、コンサルタントとお話をする中で趣味の話になりました。
私は航空機や鉄道、自衛隊などに興味があり、たまたまコンサルタントの方も航空企業の出身ということで盛り上がり、これをきっかけに私が少しでも興味が持てるよう趣味に関連する会社を紹介していただきました。
そうなると私もがぜんやる気が出てきて、いまの航空機メンテナンスの会社に何としてでも入社したいと思うようになったのです。

十分な準備と練習で苦手な面接を克服

私は「あがり症」で、とにかく人前で話すのが苦手でした。
何社か面接試験を受けましたが極度に緊張してしまい、自分の考えを思うように伝えることができませんでした。
そんな私を見かねたのかコンサルタントの方が何度も模擬面接をしてくださり、受かるための具体的な方策を伝授してくれました。
エントリーする会社の情報収集はもちろん、質問を想定して答えをあらかじめ用意するなど周到な準備ができるようパソナキャリアさんには本当にきめ細やかにサポートしていただいたと感謝しています。
また、入社で大切なのは健康です。
健康診断が最後の関門といっても過言ではありません。
私はいまの会社を受ける1ヶ月前からウォーキングをするなど、体調を整えて臨みました。
いま就活中のみなさんも気持ちを切り替えて、常に前向きに頑張っていってください。

情報収集や準備を怠らず、
苦手意識を克服して面接を突破できました。