本文へスキップします。

【お知らせ:詳細】転進事例紹介

54歳 男性
再就職先:保険(損害調査)

 

50歳を過ぎても、なお新しい自分を発見していく力を武器に活動しました。

再就職前

電機(商品企画)

再就職後

保険(損害調査)

  • 活動期間

    6ヵ月

  • 応募社数

    16

  • 面接社数

    8

知識やノウハウは入社後に磨く。まずは私という人間を理解してもらう。

就活に成功した大きなポイントのひとつは、書類選考や面接後に届いた不採用通知を宝物としたことです。
見るのもいやな人も多いと思いますが、私は採用担当者側の気持ちになり、冷静に自分自身を客観視する材料としていました。
また担当コンサルタントさんのアドバイスでとても印象的だったのが、前職の成果はあくまでアピールするためのエピソードでしかないということ。
おかげさまで、重要なのはどんな環境でも目前の困難に立ち向かい続ける姿勢なのだと、早い時点で気づくことができました。

「自分を磨き高めるモード」をONにして、再就職をゴールにしない。

それまでの「お世話になる会社を探す」ではなく、「自分が稼いでいく姿勢」ができあがったのは、採用決定後のことでした。
異業界、未知の職種への不安を払拭でき、入社を決めたポイントも「ここで新しい自分をつくっていく覚悟」が固まったからです。
もちろん内定を取る「事前」は当然ですが、覚悟をつくる「事後」も同様に重要ではないでしょうか。
再就職を果たした後も、「自分を磨き高めるモード」をONし続けることが大切です。
再就職は決してゴールではありません。
共に「生涯現役」を貫きましょう。

再就職活動は、前職で染みついた
自分の限界点を打ち砕く機会です。

フッターメニュー

ページトップへ

【全】スマホ切替