本文へスキップします。

【お知らせ:詳細】転進事例紹介

45歳 男性
再就職先:電鉄会社(営業)

 

夢にかける熱い思いを評価していただき再就職できました。

再就職前

生命保険会社(営業)

再就職後

電鉄会社(営業)

  • 活動期間

    2ヵ月

  • 応募社数

    24

  • 面接社数

    5

4年のブランクを乗り越え新しい世界にチャレンジ

前職では保険営業をしていましたがとにかく忙しく、年度によっては有休をとるどころか年に3日しか休めないこともありました。
このままでよいのかと考えることもあって会社の早期退職制度に手をあげ、この機会にかねてからの夢だった「小型飛行機ライセンス」の取得を目指したのです。
アメリカへの短期留学も含めて4年間、アルバイトをしながらライセンス取得の準備をしました。
おかげさまで夢を叶えることはできましたが、求職活動を再会するとこの4年というブランクがネックになったのも事実です。
しかし、面接などで自分の夢やそれにかける思いを筋道を立ててはっきりと話すことで、むしろ一つのことにひたむきに取り組む真摯な姿勢を評価してもらうことができました。
何ごともネガティブにとらえず、発想を逆転させて前向きに取り組むことが大切だと痛感しました。

企業との"縁を大切に何にでも挑戦

現在、電鉄会社に入社し、お客さまと直に接するとことのできる駅での旅客業務に携わっています。
生保から鉄道、まったく畑の違う分野から新しい人生をスタートさせたわけですが不安はありません。
保険会社でも営業として接客のスキルを磨いてきました。
旅客業務もその基本は接客です。
異なる職種でも基本が同じであれば今までの経験は必ず役立つはずです。
そんな思いで、まいにち新鮮な気持ちで仕事を楽しんでいます。
私の求職活動は少し特殊なケースかもしれませんが、いま実感していることは縁が大事だということ。
企業も人と同じで自分との相性があります。
いまの会社にも縁を感じ、ここで働きたいという思いを精一杯伝えました。
就職活動は学校の試験とちがい、これだけ点数を取れば合格するというものではありません。
要はその人にどれだけ熱意があるか、それに尽きるのではないでしょうか。

自分の思いを熱意を持って伝えれば
企業もそれに応えてくれると実感しています。

フッターメニュー

ページトップへ

【全】スマホ切替